低価格でもハンドル&ペダルは楽しい!T80でGTSをプレイ

f:id:Hamasukei:20171022142707j:plain

低価格モデルのハンドル&フットペダル『T80 Racing Wheel』で『グランツーリスモSPORT』をプレイしました。

差し込んで即プレイ

以前『PROJECT CARS』で使用した時は設定に悩みましたが、『グランツーリスモSPORT』ではUSBケーブルを繋いで即プレイ、操作性も満足でした。

 

『グランツーリスモSPORT』はT80 Racing Wheelに正式対応しており、設定画面もあります。操作性の良さも、正式対応しているからこそですかね。

f:id:Hamasukei:20171022153921p:plain

 

車内視点でプレイするのが好きなのですが、ハンドルコントローラーを握る自分の手の動きとゲーム内のハンドルの動きのシンクロ率が高いです。下記動画はT80とゲーム内ハンドルの動きを撮った動画です。

細かい動きもちゃんと反映されていて、安いハンドルコントローでもハンドル操作としては大満足。ハンドルが重いので、腕への負担は大きいですけどね。低価格モデルなのでFFB(フォースフィードバック)もありません。

 

アクセルとブレーキのフットペダルも大きな魅力。ハンドルを握り、アクセルを踏むことでドライブングを体感できる。裸足で踏むには固すぎるので、靴を履いてプレイする必要があります。

f:id:Hamasukei:20171022152432j:plain

 

パッドでのプレイに比べて操作性でのマイナス点はないです。ハンドルの重さとペダルの固さで長時間プレイでの疲労はありますね。ドライビングを体感できるのが一番の魅力ですが、長いコーナーでハンドルを固定しやすくて良いです。

 

あくまで低価格モデルなのでドライビングの雰囲気を楽しむための物であるとは思います。ゲームパッド至上主義なところがある私でも、パッドでプレイするよりも段違いで楽しいと認めてしまう。しかし、esports的な競技としてプレイするなら安物買いの銭失いとなるでしょう。

レビューまとめ

2014年10月にリリースされたハンドルコントローラーなのでレビューは出きっています。マイナス点としては、

  • ハンドルが重い。ゴムで固定されているらしく、ハンドルが重め。ゴムなので大きく回すほど重くなっていく。
    ちなみにハンドルは片側120度まで回転。120度に近づくほど重い。f:id:Hamasukei:20171022152220j:plain
  • フットペダルの固さは靴を履いて踏めば丁度良いくらいですが、それなりの負荷がかかるので、ある程度は滑り止めが効くフローリングやマットの上に置く必要がある。もしくは土台が動かないように上手に踏むか。個人的には不満はない。
  • FFB(フォースフィードバック)には対応していませんが、1万円のハンドルコントローラーに指摘することではないとも思う。無い前提の低価格。
  • 対応していないゲームがある。この製品に限ったことではないですが、ソフト側が対応していなければ使用できない。私は『DRIVECLUB』『PROJECT CARS』『グランツーリスモSPORT』で使用しました。Amazonレビューでは対応していないゲームを買って低評価というのもチラホラ見られます。
T80 Racing Wheel for PlayStation® 4/PlayStation® 3【正規保証品】
 

 

低価格モデルのハンドルコントローラーとしては2016年10月にホリがリリースした『【PS4 PS3 PC対応】Racing Wheel Apex for PS4 PS3 PC』が好評です。ホリが最初にリリースしたステアリングコントローラーは不評だったのですが、そこから改善し、価格は少し高くなりましたが低価格モデルとして使いやすい物を作ったみたいですね。

しかし、『グランツーリスモSPORT』は正式対応はしていない。

【PS4 PS3 PC対応】Racing Wheel Apex for PS4 PS3 PC

【PS4 PS3 PC対応】Racing Wheel Apex for PS4 PS3 PC

 

 

VR Cameraの位置の関係で、最初はパッドでプレイしていたのですが、通常モードをメインでプレイしてみようかと思いT80をセット。

VRがモード弱めで少しガッカリしていたところ、ハンドル+ペダルでプレイする『グランツーリスモSPORT』は楽しい。他にやりたいゲームがいろいろありましたが、ハンドルから手が離せなかった。やはりドライビングとレースの面白さが真骨頂なのだと思いました。

新世代1発目なりの状態

山内氏が言うには1~6がGTの第一世代、今回のGT SPORTから第二世代の始まり。そして2017年8月時点で7は未計画。

 

新ハード・新世代での1発目ということで、車種、コース、モードは不足している印象。まだ始まりなので、これからの展開に期待。単純に走る楽しさは感じていますので、これからDLCでどのように肉付けされていくかに注目しています。