マインクラフト系のVRゲーム『Discovery (北米版)』

f:id:Hamasukei:20171113111604j:plain

2017年11月7日に北米Storeでリリースされた『Discovery』。日本では『ブロック ビルダー DX』として配信予定のマインクラフト系のゲームです。

基本操作(VRモード時)

L1/L2 ブロックを配置
R1/R2 ブロックを消す
× テレポート
オプションメニュー
歩行と飛行の切替
資材メニュー
右スティック 左右:視点のスナップ切替(45度)
上下:飛行モード時の上昇と下降
左スティック 移動
方向キー 資材の選択

 

L1もしくはL2を長押しするとラインとブロックを置く枠が表示されて、ボタンを離すとそこにブロックを配置。ブロックを消す時はR1もしくはR2で同じ操作。

f:id:Hamasukei:20171113105900j:plain

 

視点は右スティックで45度のスナップ切替、左スティックで自由移動。×ボタンを長押しするとテレポートラインが表示されて離すとテレポート。段差を登る時はテレポートを使います。酔い対策で移動速度が遅いので、テレポートは重宝する。

 

で歩行/飛行の切替。飛行モード時に右スティックを上に倒すと上昇。屋根を作るときなどに便利です。VRモードで飛行して下を見ると、けっこう怖い。

f:id:Hamasukei:20171113110251j:plain

 

資材の使用枠は10個あり、方向キーで選択。ボタンで資材選択画面が表示され、全260個の資材を使用枠に入替可能。

f:id:Hamasukei:20171113110613j:plain

クリエイティブモードのみ

グラフィックや基本システムが清々しいほどに『マインクラフト』の模倣ですが、重要な違いがあります。それは『マインクラフト』でいうサバイバルモードはなくて、クリエイティブモードのみというところ。

 

クリエイティブモードとは建築に特化したモードで、全ての資材を無限に所持しており、HPや戦闘はなく、食料と空腹の概念もないモード。

 

『マインクラフト』でも人気はサバイバルモードですので、「マインクラフトみたいなゲーム」ということで購入すると、クリエイティブモードしかなくてガッカリする可能性はあります。

驚くほど美しい

このゲームはVR専用じゃなくて対応。最初は非VRでプレイしたのですが、率直に言って劣化マインクラフト。マインクラフトでなく、あえてこのゲームをプレイする理由はありませんでした。

 

VRモードでプレイしてからも、最初は「おー、マインクラフトっぽい世界に入ったなぁ」としか思いませんでしたが、陽が落ち始めてからが凄かった。伸びていく影からの美しい月。シンプルなブロックなのにリアルに感じる世界。さらに音楽も素晴らしくて謎の涙が流れそうな感動を誘う。

星空とオーロラも美しくて、空と光にはこだわりが感じられる。水も夜だと妙にリアルに見える。

f:id:Hamasukei:20171113110959j:plain

朝陽も素晴らしいです。クリエイティブなゲームなのに、最高級の雰囲気ゲーだと感じた。

f:id:Hamasukei:20171113111206j:plain

味気ないクリエイティブモードしかない劣化マインクラフトだと思っていましたが、この美しさを感じると、ここに自分の秘密基地を作ってみたくなる。

f:id:Hamasukei:20171113111432j:plain

扉を開ける方法はない?

f:id:Hamasukei:20171113112414j:plain

 

ひたすら建築するクリエイティブモードしかなく、トロフィーも4個しかないゲームで味気ないのですが、VRで体験した世界は美しかった。北米版が$11.99、日本版の『ブロック ビルダー DX』が1,200円(税込)なので、価格を考えたら悪くない内容。

 

VRゲームとしては良い仕上がりだった。シンプルなグラフィックなのでPSVRへの最適化も苦労しなかったのかもしれませんが、チラつきや粗さも感じにくかったです。むしろ、このグラフィックで感動させられたことに驚いています。

 

『Discovery (北米版)』に日本語はありませんが、基本操作を覚えたら資材名以外は言語で困らないと思います。