『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』プラチナトロフィー攻略

f:id:Hamasukei:20171122222218j:plain

FF15のVR釣りゲー『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』のプラチナトロフィーを獲得しました。

 

やることはシンプル。1プレイで取り逃す要素はありません。15時間以内に獲得できるかと思います。

 

  1. ストーリーモードをクリア(3時間ほど)
  2. 討伐依頼を全クリア(7時間ほど)
  3. 全てのタックル(ルアー/ライン/ロッド/リール)を購入
  4. 6ヵ所の釣り場で釣れる魚を全て釣る(3~5時間ほど)

 

装備は、

 

  • リール:リムレーン
  • ライン:ドラゴンズベアード
  • ロッド:明鏡止水

これで全て問題ありませんでした。

 

Move2本持ちでしかプレイしていませんので、下記解説はMove2本持ちが前提です。

1.ストーリーモードをクリア(3時間ほど)

普通にクリアするだけ。

2.討伐依頼を全クリア(7時間ほど)

これも普通にクリアするだけ。

対応するルアーは討伐依頼に書いてあります。

f:id:Hamasukei:20171123114507j:plain

3.全てのタックル(ルアー/ロッド/ライン/リール)を購入

ストーリーモードと討伐依頼を全クリアする頃には全て購入できるくらいのお金が入ります。「その他」はトロフィーに関係ありませんので、購入しなくてもOK。

 

タックルとは釣具のことです。ルアー、ロッド、ライン、リールのこと。これらを全種類入手すると全てのタックルを入手したことになる。
f:id:Hamasukei:20171122224155g:plain自慢のコレクション(すべてのタックルを収集した)

4.6ヵ所の釣り場で釣れる魚を全て釣る(3~5時間ほど)

フリーモードで釣ります。

 

ルアーは基本的に万能のメガフレアラー・バハムートで良いです。サボテンダーだけはジャイアントニードル10000・ゴールドジャボテンで釣りました。他のルアーでも釣れるでしょうけど。

 

サボテンダーを釣るには、ルアーをジャイアントニードル10000・ゴールドジャボテンにして、サボテンダーに当てるくらい近くにルアーを落とす。着水した瞬間に喰いつくか、リールを半回転させて喰いつか。
f:id:Hamasukei:20171122220105g:plainファーストコンタクト(謎の生物を釣ってしまった)

 

それ以外の魚やガラクタはメガフレアラー・バハムートで釣れます。なるべく対象の近くにルアーを落とし、2~3秒待ってリールを半回転~1回転、再び2~3秒待ってリールを半回転~1回転。これを繰り返す。

 

左手のMoveボタンを押し、タックルメニュー画面でボタンを押すと図鑑が確認できます。抜けているところをピンポイントで狙うというより、各ロケーションで見えている魚影を全部釣るという感じ。

f:id:Hamasukei:20171122222909j:plain

私はニグリス湖以外は見えている魚影を全て釣れば1回で完了しました。ニグリス湖だけは全魚影を釣ったつもりでも1匹空きがあり、再挑戦したら完了しました。稀に出現しない魚がいるのかもしれません。

忘れじの水面

f:id:Hamasukei:20171127095219j:plain

f:id:Hamasukei:20171127095234j:plain

釣りの基本技術

プラチナトロフィー獲得の直近11分を動画にしました。4分38秒くらいから基本に忠実な釣りを心掛けています。

 

最重要はキャストです。キャスト時にMoveボタンを離しますが、ルアーが空中にある時に再度Moveボタンを長押しすると距離を制御できます。その状態でMoveを左右に倒すと左右の微調整も可能。

ですので、力いっぱい振っても問題ない。Moveボタンで距離を制御すれば良いだけ。この制御技術をマスターするのが大事。

手首の返しだけでも遠くに投げることができます。力いっぱい遠くに投げようとして大きく速く振ると逆にちゃんと認識されずに失敗する。

 

着水してからは上記したように、2~3秒待ってリールを半回転~1回転、再び2~3秒待ってリールを半回転~1回転。これを繰り返す。

魚影サークルを飛び越えて着水しても問題ないです。引き戻す操作をしますからね。1つ注目は上記動画の8:55から。魚影サークルを飛び越えて着水し、引き戻して自分の足元近くまで来てからHitしています。魚影サークルからこんなに離れても魚は喰いついてきます。魚影サークルから離れ過ぎたらリールを大胆に2~3回転くらいさせると喰いついてもらえやすい印象。

 

魚が喰いついた後は、ロッド(竿)を寝かした状態でリールを巻く。リールから魚までの糸を真っすぐにするイメージです。ロッド(竿)を立てるとエスケープされやすい。

リールは高速で巻く必要はありません。手首が疲れるので長期戦は厳しくなります。少し大きめ目に円を描いてゆっくり巻いてもゲーム内の手は高速回転します。

基本的には魚が泳いでいる方向にロッドを倒す。矢印も出ますけどね。魚が遠距離にいる時は暴れないです。ある程度の距離まで近づくと、魚が跳ねて左右に暴れ始める。

良いトロフィー設定 

釣りの技術さえマスターすれば難易度は高くないです。「難しい」というところはありませんでした。「釣り」自体を楽しめないと15時間はキツイとは思います。私はずっと釣っていたいくらいでしたので、楽しみながらプラチナトロフィーを獲得できました。

収集物は1個だけで良かったり、オンライントロフィーもなかったりで、良い設定だと思いました。

 

  • ゲームの軸である「釣り」を重視したトロフィー設定。
  • オンライントロフィーはない。オンライントロフィー=悪いもの、ではないですが、このようなゲームで導入してしまうと後で獲得困難な存在になってしまう可能性も高い。
  • 約15時間でプラチナトロフィー。VRゲームは長時間プレイが苦手な人も多いので20時間未満というところがラインになるかと思う。
  • 1プレイでコンプリート可能で、最初からやり直す必要のあるトロフィーはない。
  • トロフィーのためにプレイスタイルが制限されるようなものもない。

トロフィー設定スコアは100点。

 

ザ エルダースクロールズ V:スカイリム VR (VR専用) 【CEROレーティング「Z」】

ザ エルダースクロールズ V:スカイリム VR (VR専用) 【CEROレーティング「Z」】