PS4 世界累計実売台数7,000万台 過去最速を記録

f:id:Hamasukei:20171208124046j:plain

PS4が世界実売7,000万台を突破したと発表されました。6,000万台→7,000万台の期間は175日で、過去最速となりました。

過去最速

1,000万台の区間で過去最速の早さとなりました。未だピークアウトを迎えず、加速が続いています。

 

0,000万台→1,000万台 268日
1,000万台→2,000万台 200日
2,000万台→3,000万台 264日
3,000万台→4,000万台 188日
4,000万台→5,000万台 194日
5,000万台→6,000万台 187日
6,000万台→7,000万台 175日

 

今回は特に早かった。SwitchとXbox One Xが出たばかりの期間でPS4が過去最速の勢い、過去22年で最高のブラックフライデーという結果。2016年9~11月に価格改定&薄型/VR/Proを投入し、そこがピークになるかと思いきや、あっさり更新しました。

歴代のゲームハードを見ても頭1つ抜けると強い傾向がありましたが、それを強く感じさせる状況。もちろんSIEの努力も大きいですが、他社も良いアピールをしていた中でのこの結果は、2016年までに作った勢いによるものが大きいかと思いました。

 

2014年08月10日 世界累計実売台数1,000万台
「プレイステーション 4」(PS4™)世界累計実売台数1,000万台を達成~歴代「プレイステーション」ハードウェア史上最速で普及拡大が続く~ | プレイステーション® オフィシャルサイト
2015年03月01日 世界累計実売台数2,000万台
2015年11月22日 世界累計実売台数3,000万台
2016年05月26日 世界累計実売台数4,000万台
「プレイステーション 4」 世界累計実売台数4,000万台を達成 | PlayStation.Blog
2016年12月06日 世界累計実売台数5,000万台
「プレイステーション 4」世界累計実売台数5,000万台を達成 | PlayStation.Blog
2017年06月11日 世界累計実売台数6,040万台
「プレイステーション 4」(PS4®) 世界累計実売台数6,040万台を達成
2017年12月03日 世界累計実売7,060万台
PS4® 世界累計実売7,060万台 ~PS VR 世界累計実売200万台達成~ | PlayStation.Blog

今後は?

今後の予想。

2018年8~10月に価格改定

来年は価格改定があるかと思います。おそらく$249.99(24,980円)。これをベースにブラックフライデーなどで$199.99のセール価格という具合になりそう。

年の前半となる7,000万台→8,000万台は少し時間がかかりそうですが、8,000万台→9,000万台は世界的な価格改定とブラックフライデー・年末商戦が重なって過去最高を更新する可能性がある。

 


営業利益
PS3
営業利益
PS4
2006年
-2,323億円

11月11日
20GBモデル 42,839円
 

2013年
-81億円
11月15日(北米)
PS4 $399
2007年
-1,245億円
11月11日
40GBモデル 38,076円
2014年
+481億円
2月22日
CUH-1000(500GB) 39,980円
2008年
-585億円
- 2015年
+887億円
6月24日
CUH-1200(500GB) 39,980円
10月01日
CUH-1200(500GB) 34,980円
2009年
-831億円
9月3日
CECH-2000A(120GB) 28,552円※薄型
-
-
-
-
2016年
+1,356億円
9月15日
CUH-2000(500GB) 29,980円 ※薄型
11月10日

PS4 Pro発売
12月
5,000万台突破
2010年
+356億円
- 2017年

3月
6,000万台突破
12月
7,000万台突破

2011年
+293億円
3月
5,000万台突破
7月8日
CECH-3000A(160GB) 28,552円
8月18日
CECH-3000A(160GB) 23,790円
2018年

-
-
-
-
8~10月 $249.99に価格改定?
-

2012年
+17億円
- 2019年 10~11月 PS4 Pro 2発売?
2019年10~11月に PS4 Pro 2

PS4 Proからのさらなるアップグレードがあると思います。分解レポートでは「ソニーが今後もPS4の性能向上を続けていく可能性が期待できる」というものでした。ハードに関することは正式発表される時まで「予定がない」で通されるものですので、しばらくはコメントされないでしょうが。

 

以前、PS5の発売日を予想しましたが、その時は「このような状況から2021年の11月を大本命と考えました。粘って2022年という可能性もあり、その場合はアップグレード版の本体をもう1回出すかもしれない。3年ごとにアップグレードして、プラットフォームとしては9年になる。」と書きました。今は3年ごとにアップグレードして次世代PSは2022年11月というのが本命。そもそも『5』ではなく、PlayStationという統一プラットフォームになる場合もあるかと思っています。ハードにナンバリングしてリセットする時代じゃなくなりそうですし、アカウントの重要度がハードよりも高くなるんじゃないでしょうか。

 

もうハードの基本性能をアップグレードするという方法がスタンダードにも感じられるので、現在の営業利益の好調っぷりとハードシェアの圧倒っぷり、Xbox One XとSwitchを出したばかりの他社が早期に動かないであろう状況を考えても、PS5とPS4のアップグレード第2弾という選択肢がある中でPS5を急ぐ理由がまったくない。

ゲームソフトの大容量化&ダウンロード版の普及でストレージ容量とネットワークのトラフィックの問題、クラウド、VR、互換、ディスクレス、2022年11月でも次世代PSとしての新基準を打ち出すのは難しいかもしれない。こういった状況から、3年ごとにアップグレード版を出してPS4を9年続けるという予想。Xbox360がアップグレードなしで8年でしたので、9年でも驚くことはない。

 

今は『地球防衛軍5』を楽しんでいますが、同日リリースの『龍が如く 極2』『L.A.ノワール』もやりたい。『デッドライジング4』もレベル50を超えて、一気にストーリーを進めたい状態で中断している。年末は『スカイリムVR』、年明けのソフトラッシュ。ハード展開どうこうよりも目先のソフトが充実し過ぎて嬉しい限り。

 

明日13時からのPlayStation Experience 2017 基調講演にも注目です。

 

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7100BB01)【数量限定特典 New みんなのGOLF ダウンロード版付】

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7100BB01)【数量限定特典 New みんなのGOLF ダウンロード版付】