評価が高まる『メタルギア サヴァイブ』

f:id:Hamasukei:20180227224514j:plain

炎上不可避かと思われた『メタルギア サヴァイブ』。私自身も楽しんでいますが、評価も高まってきています。

しっかりプレイされて高まる評価

メタスコア

このゲームはオンライン専用ですので、事前にメディアにレビュー用として配布されるタイプのゲームでありませんでした。私が北米版をプレオーダーして解禁された時点でもアップデートパッチが配信されていなくてプレイ不可でした。メディアも含めて発売日の解禁時間から横並びのスタート。つまりレビューが早いほど相対的にプレイ時間も少なくなると考えられます。しかも、オンラインで長期的に遊べるようなゲームデザインにもなっていますので、短いプレイ時間ではゲーム全体の点数を決定するような評価は難しい。

 

2月26日目までのメタスコアは65点(27件)。この数字だけを見ると低いですが、最初の4日間はPositiveが0件(9件中)、5~6日目はPositiveが9件(18件中)。

12件が6日目に追加されたレビューということで、やはりきちんと全体的な評価をするとなると、これくらいの日数は要するゲームですし、しっかりプレイされたことでPositiveが急に増えたのかと思います。

 

2018年2月26日

85 PlayStation LifeStyle
80 Shacknews
80 Multiplayer.it
80 TheSixthAxis
78 Everyeye.it
70 SpazioGames
67 The Games Machine
65 Atomix
65
 JeuxActu
65
Meristation
60 Washington Post
50 CGMagazine

2018年2月25日

80 Game Revolution
80 Push Square
77 Hobby Consolas
75 Gamersky
50 Press Start Australia
50 Metro GameCentral

2018年2月24日

50 Destructoid

2018年2月23日

70 Areajugones
70 GamesRadar+
70 Vandal
65 IGN
60 USgamer
50 The Daily Dot
50 Trusted Reviews

2018年2月21日

60 Cheat Code Central

日本のアマゾン

日本のアマゾンでも同じような傾向。

発売直後は1.7点(5件)だったのが、3.6点(31件)まで伸ばしている。

 

f:id:Hamasukei:20180227215717j:plain

 

METAL GEAR SURVIVE - PS4

METAL GEAR SURVIVE - PS4

 
Steam

Steamはグラフが出ていないので推移がわかりませんが、70%(1,282件)が好評で、ほぼ好評という状態。Steamで70%は低いくらいですが、炎上不可避かと思われたわりに、落ちついた評価を得ていると言えるかと思います。

f:id:Hamasukei:20180227220056j:plain

大炎上からの回復

『メタルギア サヴァイブ』が発表されたのは2016年8月のgamescom。その時にYoutubeで公開されたトレーラーが記録的な低評価を受けて話題となりました。

 

f:id:Hamasukei:20180226165622g:plain

 

その後のトレーラーも公開されれば圧倒的低評価。ギネス級のヘイトを買っていたゲームとなっていました。

 

リリースが迫ったβテストのあたりから「メタルギアじゃないけど面白い」といった声が見られようになった。

 

製品版がリリースされると、直後は上記レビューらで炎上の気配がありましたが、徐々にTwitterやSteamレビューで「面白い」というユーザーの声が大きくなり、空気が変わっていった。

 

私自身も最初はモヤモヤとイライラもあって楽しみにくかったのですが、最終的にめちゃくちゃハマった。Fox EngineとMGSV:TPPという素晴らしい素材があり、それを新たな方向のゲームとして上手くまとめている。ややハードなサバイバルは好みが分かれるでしょうけど、ハードだからこその魅力もある。ストーリーも気になる展開から良い余韻を残してくれた。これで$39.99/5,378円。個人の好き好きはともかく、メディアがこのクオリティでこの価格のゲームを70点未満にしたら、今後は70点以上のハードルがめちゃくちゃ高くなるんじゃないかとも思うほど。

と言っても私も最初は低評価の側でした。最初のブログ記事はクリア直前に書いていて、その時は面白さに気付いていましたが、その前にTwitterでは「メタルギア サヴァイヴは『7 Days To Die』の影響が大きい印象だけど、できる事が少なくて、かなり中途半端でもある。良くなりそうな感じもするけどイマイチ突き抜けず、現状は面白さを見出しにくい。イケそうでイケない。」と書いていました。そこからハマるまでに少し時間がかかった。よく書く最初の感想を書かなかったのも、ネガティブ過ぎるからやめておこうという気持ちがあったから。そもそもTwitterでゲームのネガティブなツイートをすることはあまりないのですが、今回はこういうツイートをしてしまっているあたり、最初の不満はかなり大きかったのがわかる。

5日目と6日目に急にPositiveが出てきたメタスコア。日本のアマゾンレビューも1.7点から3.6点へ。そして自分自身も5時間でやめようと思ったけど続けて、徐々に魅力に気付いて面白くなっていったこと。時間をかけて落ちついて向き合わないと面白さに気付きにくいゲームなのかと思う。ゲーム自体に馴染むまでの難しさもあるし、一連の騒動や『メタルギア』に対する思いもあって、どうしてもフェアには見られない部分もある。

残念な課金要素

個人的に大好きな1本となりましたが、課金要素は足を引っ張ったとも思います。課金の中身自体は軽いやつばかりで、課金しないとキツいとかいうものじゃない。私は北米版を日本アカウントでプレイしましたので課金したくてもできない状態でしたが、ゲームプレイには支障なし。残念なポイントは、大炎上からせっかく好転する良作を作ったのに、あさましさを感じるみみっちい課金要素がマイナスイメージになったこと。最近は特にマイクロトランザクションに関して騒がれることが多いですから、わざわざ叩かれるポイントを出してしまった。ギネス級のヘイトを買いまくっていたという状況を考えれば課金要素は他のやり方のほうが良かったと思う。

 

個人的には予定外のハマり方をしたゲームで、まずゲームが面白かったことが一番なのですが、炎上不可避かと思いきや、ユーザーの中から「メタルギアじゃないけど面白い」という声がポツポツと出てきて意外にも落ちついた評価を得たという展開が印象的でした。記憶に残るゲームとなった。

以前から度々、ユーザー発信で情報が広がるのを期待しているようなことを書いていますが、今回のこれもそういったもの。Twitterや購入者が投稿できるレビューで、こういった声が挙がるのは良いことかと思う。

サヴァイブ - Twitter Search

炎上の原因となったKONAMIの騒動は気分が良くないものでしたが、ゲームの評価とは別。

 

アップデートやDLCでのさらなる進化や追加はあるでしょうけど、シリーズがどうなるかは不透明。せっかくのFox Engine、まだまだ面白いゲームを生み出してほしいです。