『二ノ国II レヴァナントキングダム』最初の感想

f:id:Hamasukei:20180323193426j:plain

2018年3月23日、世界同日リリース『二ノ国II レヴァナントキングダム』最初の感想。今のところ素晴らしい。

 

5章途中までの感想。
ベースは古典的なJRPGです。ストーリーに沿って進行していくアクションRPG。
フィールドとダンジョンに分かれており、フィールドはシンボルエンカウント、ダンジョンは戦闘もシームレス。
避けた方がいい強敵が徘徊していたり、鍵のかかった宝箱があったり、後で来れそうな場所があったり、JRPG定番ネタも多々あります。

しっかりアクションゲームしている戦闘 

かなり気に入った戦闘。

 

で弱攻撃、で強攻撃、R1で遠距離攻撃、L1でガード、左スティック+L1で回避、R2+/×//でスキル攻撃、×でジャンプ、R3でロックオン。アクションRPGの戦闘というか、一般的なアクションゲームらしい戦闘。アイテムの使用はタッチパッドでメニューを開きます。

最初はガードと回避の使い分けに少し戸惑いましたが、もう慣れました。

 

アクションゲームとして動かしていて楽しい。手応えや爽快感がある。壁際のカメラが見難いところがありますが、今のところ狭いフィールドでの戦闘がないので大きな問題ではない。

トレジャーハント

武器に個体差があり、コモン、レアなどで色分けもされる。雑魚戦でも武具を入手できますので、色のついた宝箱が出ると中身が楽しみ。何度も何度も繰り返す戦闘ですので、こういう楽しみがあるのは嬉しい。

宝箱が伸びる光、最高です。

どこからでもファストトラベル

ファストトラベルの場所は細かく設定されています。ほぼどこからでもファストトラベルが可能なため移動の不便は少ない。
フィールドでの移動スピードが少し遅いかなと思いますが、これも大きな問題ではないです。

おつかいクエスト

4章から行動の自由度が増してくる。国民をスカウトできるようになりますが、それはほぼサブクエスト扱いで、単純なおつかいクエスト。「〇〇を5個入手して」とか「〇〇を3体倒して」とか。こういうクエストを何十回もやることになります。ボリュームの水増しのようでもあり、このゲームの最も評価を下げている部分なんじゃないかと思う。

f:id:Hamasukei:20180323194120j:plain

 

しかし、おつかいクエストだからプレイが嫌って感じにもなっていません。国民を増やすのが楽しいし、シンプルなクエストは消化しやすくて楽。拠点では時間経過で資金が増えたり、研究が完了したりしますので、大量に用意されたおつかいクエストで時間を使えるのは有難い。ゲームにおける「おつかい=悪いもの」というイメージもありますが、このゲームとしては質より量というのが意外とハマっているんですよね。個人的には戦闘/育成/国造りの楽しが優先なので、クエストはシンプルで構わない。シンプルがゆえに良いテンポで進む。

久石譲氏の音楽

音楽も素晴らしい。世界の壮大さと冒険のワクワク感を感じさせるフィールドの音楽、ずっとそこにいたくなるような拠点の穏かな音楽などなど、コンサート気分で聴かせてくれる。

王道的なストーリー

ストーリーは良くも悪くも王道的。冒頭は急展開で引き込まれましたが、3章くらいからは落ち着いて、展開の起伏や驚きは小さい。行く先々で普通にトラブルを解決していく。
まだ5章途中なので、ストーリーにどうこう言える段階でもないです。嫌われそうなタイプのキャラクターもいないので、楽しく付き合えそうです。

f:id:Hamasukei:20180323193534j:plain

 

会話シーンは長話をせずに短くまとめている印象で、これはアニメじゃなくてゲーム向けの仕様という感じがする。長時間のイベント待ちが無いのは嬉しい。アニメムービーを見たい人にとってはアッサリ気味に感じると思う。

パートボイスに少し違和感

あまりゲームのボイスは気にしないですが、このゲームはアニメそのままのグラフィックが生き生きしており、フルボイスでないところは違和感を覚えます。フルとは言わないまでも、もう少し喋るシーンの割合が増えてほしいところ。

予約特典など

予約特典の武器は行商人から1Gで購入可能でした。

 

【予約特典】

妖精の剣(近接40/魔法30)
スチームブレイド(近接45/魔法25)
蛮勇の剣(近接35/魔法25)
マーメイドレイピア(近接40/魔法30)
サムライブレイド(近接45/魔法25)

f:id:Hamasukei:20180323103421j:plain

 

COMPLETE EDITIONに含まれるコンテンツは、少し遅れて同じ行商人から購入できました。ラウゼオの剣と冒険者応援アイテムセットはシーズンパス特典。

 

【COMPLETE EDITIONに含まれるコンテンツ】

龍剣(近接65/魔法40)
ラウゼオの剣(近接65/魔法40)
冒険者応援アイテムセット

さすがの職人仕事

『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』『ローグギャラクシー』『白騎士物語』『二ノ国 白き聖灰の女王』らレベルファイブのRPGを錬金釜に入れて生まれたような質の高さを感じる。RPGを作り慣れている職人の仕事。

 

いろんなシステムがあって覚える事は多いはずですが、導入のタイミングやチュートリアルの入れ方が良くて説明もわかりやすい。スッと頭に入って「後でやりながら覚えればいいや」という事がない。

 

UI、序盤のダンジョンの設計、難易度のバランスなどなど基礎がしっかりしている。唯一「これが欲しかった」と思ったのは、全装備箇所の一括おまかせ装備機能。個別のおまかせ装備はありますけどね。
難易度も今のところは上手い設定。開始直後はEASYに感じて、全年齢層に向けて易しく作ってあるのかと思いましたが、ゆるやかに難易度が上がってきているのを感じていて、4章からはNORMALな難易度。ここからは武器強化の自由度も高まりますし、急げばHARD、しっかり強化をやればEASYに近づいていきそうな感じ。

 

テンポも良くて、全体的にストレスを感じにくい。古典的なJRPGがベースだけど、現代的なスピード感がある。既に海外メディアは高評価ですが、国内のユーザーも概ね好意的に受け取る出来になっているんじゃないでしょうか。

News about 二ノ国 on Twitter

 

ストーリーもゲームバランスも中盤や終盤を見ないとわからないですが、とりあえず最初の感想としては大満足。