PS4で使用するUSBメモリーをexFATでフォーマット

f:id:Hamasukei:20180407072151j:plain

システムソフトウェア4.50からPS4単体でUSBメモリーをexFATにフォーマットする事が可能になりました。FAT32の容量制限は4GB、exFATなら容量制限はありません。

FAT32とexFAT

HDDやUSBメモリーにはファイルシステムなるものがあり、FAT16/FAT32/NTFS/exFATなどがあります。

PS4でUSBストレージを使用する場合、ファイルシステムはFAT32かexFATにする必要があります。

 

FAT32はPS3時代から使われていたファイルシステムであり、私も引き続きFAT32をPS4で使用していました。しかし、FAT32は1ファイルあたりの容量制限が4GBですので、例えば大容量のVR動画をPS VR向けアプリ『Littlstar VR Cinema』で再生しようと思った場合に容量制限に引っかかる可能性がある。4GB以上の動画ファイルはFAT32でフォーマットされているUSBストレージにはコピーできないので、再生しようがない。

こういったFAT32の容量制限による不便を解消するためにUSBストレージをexFATにフォーマットする必要があります。このフォーマット作業がシステムソフトウェア4.50からPS4単体で可能になりました。

PS4でexFATにフォーマット

フォーマットするとUSBストレージ内のデータは全て消えますので、バックアップを残しておく必要があります。

 

フォーマットの手順は簡単。

 

  1. ホーム画面から「設定」→「周辺機器」→「USBストレージ機器」

    f:id:Hamasukei:20180407072004j:plain

  2. 機器一覧の中からexFATにフォーマットしたいUSBストレージを選択

    f:id:Hamasukei:20180407072120j:plain

  3. 選択したUSBストレージ機器の詳細画面でOPTIONSボタンを押して「exFAT形式でフォーマットする」を選択

    f:id:Hamasukei:20180407072151j:plain

  4. データが消えるという注意文を読んでから「フォーマット」
    一瞬でexFATにフォーマットされます。フォーマットしただけであり、拡張ストレージになったわけではありません。

これで4GB以上のファイルもUSBストレージに入るようになり、『Littlstar VR Cinema』で大容量のVR動画も再生可能になる。メディアプレーヤー用としても使いやすくなります。

 

PCを使用せずにPS4単体でexFATにフォーマットできるようになったのは便利です。PS4で使用するUSBストレージを購入した時、最初にやっておくと良いでしょう。