Amazonショッピングアプリのインターナショナルショッピングモードとは?

f:id:Hamasukei:20180418200603j:plain

Amazonショッピングアプリのインターナショナルショッピングモードを軽く調べてみました。

 

Twitterで流れてきて「おおっ!?」と思った情報。 

「米Amazon.comの商品を日本円で購入・日本へ配送可能な新サービス」ということで、何か革命的なものかと思って試してみました。

インターナショナルショッピングモードの設定(iPhone)
  • Amazonショッピングアプリをインストールして起動。
  • 左上のf:id:Hamasukei:20180418193824g:plainをタップしてメニューを開く。
  • メニューの下のほうにある「設定」をタップ。

    f:id:Hamasukei:20180418194035g:plain

  • 「国と言語」をタップ。

    f:id:Hamasukei:20180418194236g:plain

  • 「国」をタップ。

    f:id:Hamasukei:20180418194332g:plain

  • 「インターナショナルショッピング」を選択。

    f:id:Hamasukei:20180418194446g:plain

  • インターナショナルモードでは日本語は選択できないという注意文が表示されるので「英語」を選択。

    f:id:Hamasukei:20180418194616g:plain

どういうモードなのか?

上記のように設定した「インターナショナルショッピングモード」とは、どういうものなのか?

 

米国のAmzon.comを利用する際に、

  • 日本に発送可能な商品だけを表示する。
  • 価格を日本円で表示する。
  • 対応している国の言語で表示する。※今のところ日本語は未対応

 

というものだと思います。使ってみたばかりなので勘違いかもしれませんが。

 

もともと北米のAmazon.comを利用している人が、日本に発送可能な商品だけが表示されて見やすくなり、価格も日本円でわかりやすいというもの。

コメント欄で質問をいただいたPlayStation Store Gift Card [Digital Code]など、もともと日本向けでないものは表示されなくなります。こういう部分では不便もある。

f:id:Hamasukei:20180418200307g:plain

 

初報を見た時に北米のAmazon.comの商品が劇的に買いやすくなるようなものかと思いましたが、情報が整理されるだけで敷居の高さは変わっていない印象。

スマホオンリーの人は重宝するかもしれません。PCで北米のAmazon.comを利用している人は、あまり必要としないかと思います。

 

ただ、ソース元によると「本年中に言語と通貨をさらに増やすとしている。」とあるので、日本語に対応すれば敷居はグッと下がると思います。