デッドゾーンが広いゲームを『レボリューション プロ コントローラー2』で快適にプレイ

f:id:Hamasukei:20180710161224j:plain

デッドゾーン調整機能が目当てで購入した『レボリューション プロ コントローラー2』。デッドゾーンが広いゲームで試してみました。

設定

PC用のアプリをダウンロードするにはnaconのマイ・アカウント作成が必要でした。

https://uk.nacongaming.com/ja/?tify_membership=login_form

 

日本語の「ダウンロード ソフトウェア(Windous)」からだとファイルが空だったので、ENGLISHに切り替えてダウンロードしました。

f:id:Hamasukei:20180710134637j:plain

デッドゾーンが気になっていた3タイトル

デッドゾーンが少し広いなと思っていたのは『バイオハザード4』『バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション』『バイオハザード リベレーションズ2』の3タイトル。バイオハザードシリーズは操作にクセがあるものが多いです。サバイバルホラーでもあるし、多少の狙いにくさもアリかなと受け入れていました。

 

デッドゾーンが少し広いと言っても『ファークライ3 クラシックエディション』のバージョン1.00ほどではなく、気になるけどプレイしたくないほどではなかったです。

バイオハザード4

かなり古いタイトルですので、エイミングの操作調整が今ほど洗練されていないですね。今回検証した3タイトルの中では一番狙いにくい。デッドゾーンが広めで、『ファークライ3 クラシックエディション』のバージョン1.00に近いところもあります。

f:id:Hamasukei:20180710140805p:plain

 

広すぎるデッドゾーンを狭める設定は、

まず右ジョイスティックの「静的不感帯」を0にする。……が、これはあまり意味がない。そもそもデフォルトは2であり、このコントローラー自体のデッドゾーンを2から0にしたところで感覚的にはあまり変わらない。

その下の「小」「中」「大」が重要。デフォルトでは33/33/34となっていて合計100%を意味する。この「小」を1%にしてしまえば、スティックを少し倒しただけで中くらい倒した事になる。これにより『バイオハザード4』の広すぎるデッドゾーンを感じなくなる。

f:id:Hamasukei:20180710141056j:plain

 

論より証拠という事で、スティックを倒してレティクルが反応する最少の角度は、 

 

感度高/静的不感帯0/小1/中1/大98
比較線も引けないほど、わずかに倒しただけでレティクルが動きました。デッドゾーンがほぼ無し。しかし、わずかに倒しただけで最大まで倒したと判定されるので、レティクルが敏感に動きすぎた。

f:id:Hamasukei:20180710144124j:plain

 

感度高/静的不感帯0/小1/中33/大66
1/1/98よりは微妙にデッドゾーンが広くなっていると感じます。中が33になっている事で、レティクルをゆっくり動かせる幅が広がって操作しやすい。

f:id:Hamasukei:20180710144156j:plain

 

感度高/静的不感帯2/小33/中33/大34
これは標準設定。画像ではわかりにくいのですが、デュアルショック4よりもデッドゾーンが広く感じた。

f:id:Hamasukei:20180710144302j:plain

 

大成功!
最終的には感度高/静的不感帯0/小1/中49/大50で微調整できる範囲の広さを優先するか、感度高/静的不感帯0/小1/中25/大74でクイックさを優先するか。どちらにしてもデフォルト設定とは比較にならないほど『バイオハザード4』がプレイしやすくなった。

バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション

デッドゾーンの微妙な広さは感じますが、他の2タイトルほどではない。しかし、加速度の問題なのか操作にクセがあるように思いました。アクションゲームの氷ステージのような微妙な滑りを感じます。レティクルを折り返す時にクイッと折り返してくれない感じ。

 

Episode 6でクリスが装備しているハンドガン
エイミング速度:最高速

f:id:Hamasukei:20180710150205p:plain

 

感度高/静的不感帯0/小1/中49/大50でデッドゾーンが狭くなって、その分だけクイックにレティクルが動いてくれる感じがあります。操作の妙なクセは変わらず。

バイオハザード リベレーションズ2

PS4で右スティックのデッドゾーンが気になった最初のタイトル。無印と違って加速機能をオフにできるのは良いです。

 

Episode 1でクレアが装備しているハンドガン
構え時 最高速度:10
構え時 加速機能:なし

f:id:Hamasukei:20180710151747p:plain

 

これも感度高/静的不感帯0/小1/中49/大50でデッドゾーンが狭くなって、スティックの動きにピッタリ吸いつくようにレティクルが動き、とても操作しやすくなった。

デッドゾーン調整は成功

このコントローラーを購入した理由であるデッドゾーン調整機能は期待通りでした。ソフト側ではどうしようもないデッドゾーンの問題を解決してくれる。

 

もし『ファークライ3 クラシックエディション』にアップデートが来ていなかったとしても、このコントローラーがあれば、それなりに良くなったと思う。ただ、スティックを少し倒した時にレティクルが超ゆっくり動くという操作にはできなかったでしょう。

 

やりたい事ができたわけですが、実際のところデッドゾーンの広さに不満を覚えるタイトルは多くないです。標準コントローラーとして使う気はないので、また新作でデッドゾーンの広さに不満を覚えるタイトルがあった場合に使います。

 

日本での発売は2018年7月26日。私も最初は日本版を予約していましたが、日本での発売に影響されて輸入版が12,800円になっていたので購入しました。