ワーナー ブラザース ジャパン合同会社の価格改定傾向

f:id:Hamasukei:20180805171536j:plain

スルーしていたけど購入予定だった『シャドウ・オブ・ウォー』の完全版がリリースされるということで、ワーナー ブラザース ジャパン合同会社の価格改定傾向を調べました。

 

価格は全てダウンロード版で税込。

シャドウ・オブ・モルドール
  • 価格と発売日:2014年12月25日 7,668円

日本では価格改定が行われておらず、現在でも7,668円。北米では全てのDLCを含むGame Of The Year Editionが2015年5月5日に$49.99でリリースされています。

ダイイングライト
  • 価格と発売日:2015年4月16日 7,668円
  • 価格改定の日:2016年4月21日 3,900円
  • 期間と価格差:1年6日 3768円(49.1%OFF)

ゾンビ モードとシーズンパス(3,240円)を含む『ダイイングライト:ザ・フォロイング エンハンスト・エディション』は2016年4月21日に5,918円でリリースされました。

 

『ダイイングライト:ザ・フォロイング エンハンスト・エディション』のリリースに合わせて通常版を価格改定した感じですかね。

マッドマックス
  • 発売日と価格:2015年10月1日 7,668円
  • 価格改定の日:2016年11月2日 3,218円
  • 期間と価格差:1年1ヶ月2日 4,450円(58%OFF)

価格改定後のダウンロード版価格は各サイトの情報によると2,678円となっており、これだとピッタリ65%OFFなのですが、実際にPS Storeを見ると3,218円になっています。

f:id:Hamasukei:20180805152945j:plain

バットマン:アーカム・ナイト
  • 発売日と価格:2015年7月16日 7,668円
  • 価格改定の日:2016年3月10日 3,758円
  • 期間と価格差:7ヶ月24日 3,910円(50.9%OFF)

単純な価格改定というわけでもなく、ゴッサム市警封鎖(216円)、キャットウーマンの復讐(216円)、ハーレークィンパック(無料)を含む『バットマン:アーカム・ナイト スペシャル・エディション』として2016年3月10日に3,758円リリースされました。
これに合わせて通常版は配信終了となっておりますが、DLCの価格が432円なので、通常版と完全版で価格を分けて出す意味がありませんでした。

シャドウ・オブ・ウォー
  • 発売日と価格:2017年10月12日 7,850円
  • 価格改定の日:2018年10月11日
  • 期間:1年

4つのDLC全てを収録した『シャドウ・オブ・ウォー ディフィニティブ・エディション』は2018年10月11日に5,950円でリリース予定。
元々のソフト価格は7850円で、シーズンパスの価格は5,350円、合わせて13,200円。これがセットで5,950円になるという事は54.9%OFF。

 

通常版もおそらく価格改定されると思います。『ダイイングライト』と同じパターンですね。ワーナー ブラザース ジャパン合同会社は、ダウンロード版の価格が消費税込みによって4桁目が上がらないように設定していますので、3,758円か3,900円になるかと思います。

1年で半額が目安

ワーナー ブラザース ジャパン合同会社の価格改定or完全版のタイミングはリリースから1年で半額が目安でした。普通ですね。他の会社もリリースから1年後に完全版、価格は50%OFFが基本という感じです。


『ダイイングライト』『マッドマックス』『シャドウ・オブ・ウォー』らが1年で半額。

 

『マッドマックス』は「WARNER THE BEST」シリーズとなっていますが、PS4では1タイトルのみかと思う。PS3だと『WARNER THE BEST インジャスティス:神々(ヒーロー)の激突』があります。しかし『インジャスティス』シリーズはPS4になってから日本ではリリースされなくなりました。

 

『バットマン:アーカム・ナイト』は価格改定まで7ヶ月24日という早さでしたが、長期的に展開するDLCが無かったですからね。ソフトが充実してきた2016年は価格競争が激しくなって、セールも早くなっていった印象があります。そういう流れの中での価格改定の早さであったかもしれない。今後もDLCで長期展開する予定がないタイトルは価格改定が早くなるかも。

 

他にはLEGOのゲームをたくさん出しておりますが、基本的にLEGOシリーズは大きな価格改定がないもよう。LEGOシリーズは最初から5,616円とか6,458円とか、少し安い。

 

お気に入りに入れていた『シャドウ・オブ・ウォー』がサマーセール2018に入っていなかったのですが、その数日後に『シャドウ・オブ・ウォー ディフィニティブ・エディション』が発表されました。もともとソフトが密集した時期にリリースされていてスルーしたのですが、今年の10月も競争が厳しいですね。
ちなみにサマーセールでは『No Man's Sky』を購入し、初期の北米版しか知らなかった私は再びハマっていました。今は『サガ スカーレット グレイス 緋色の野望』がメイン。

 

シャドウ・オブ・ウォー ディフィニティブ・エディション - PS4 【CEROレーティング「Z」】

シャドウ・オブ・ウォー ディフィニティブ・エディション - PS4 【CEROレーティング「Z」】