PlayStation LineUp Tour 感想

f:id:Hamasukei:20180910210033j:plain

本日、2018年9月10日(月)18時30分から開催された「PlayStation LineUp Tour」の感想。

紹介タイトル

  • Project Awaking
    Cygamesの中世ファンタジーアクション。
  • KINDOM HEARTS III
  • KINDOM HEARTS: VR EXPERIENCE
  • 宇多田ヒカル ツアーステージVR(仮称)
  • スタジオイストリア 新規RPG
  • ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター
  • MONKEY KING: HERO IS BACK(仮称)
  • CARAVAN STORIES(キャラバンストーリーズ)
  • DOGFIGHTER WORLD WAR 2
  • DAYS GONE
  • ゴッドイーター3
    12月13日発売
  • 荒野行動
  • コール オブ デューティ ブラックオプス 4
  • EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN
  • Ghost of Tsushima(仮称)
  • デス・ストランディング
  • バイオハザード RE:2
  • デッド オア アライブ 6
    2019年2月15日発売
  • サムライスピリッツ
  • JUDGE EYES:死神の遺言
    名越氏が紹介した龍が如くスタジオの新規IP。木村拓哉が主人公。12月13日発売。体験版が即配信。
  • SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(隻狼)
    2019年3月22日発売
  • LEFT ALIVE
    2019年2月28日発売
  • GUNGRAVE GORE
    2019年冬
  • レッド・デッド・リデンプション2
  • LoveR
    2018年2月14日発売
  • エースコンバット7【VR】
    2019年1月17日発売
  • ASTRO BOT:RESCUE MISSION【VR】
  • Déraciné(デラシネ)【VR】
    2018年11月8日発売
  • ライアン・マークス リベンジミッション【VR】
  • Kill-X【VR】
  • DEEMO【VR】
  • FINAL ASSULT【VR】
  • スペースチャンネル 5 VR【VR】
  • みんなのGOLF VR【VR】
    2019年
  • ONE PIECE WORLD SEEKER
  • Anthem
  • Fallout 76
    2018年11月15日発売
  • Beat Saber
  • FocusOnYou
  • Tetris Effect
  • Division 2
  • Dead by daylite
  • Devil May Cry 5
  • JUMP FORCE

 

感想

約1時間、テンポの良いゲーム紹介で非常に良かった。主役はゲームというところが表れていました。大型タイトルはE3やPlayStation Experienceで発表されたり、サードはマルチが当たり前になっていて独自に発表会をやるので、国内のSIE発表会で新規発表はあまりないだろうと思っていましたが、意外に新規発表が多くて驚きました。

 

一番の驚きは『JUDGE EYES:死神の遺言』ですね。Twitterでは「キムタクが如く」とも言われている龍が如くスタジオの新作。主役は木村拓哉。9月10日発表で12月13日発売という現代的なスピード感。しかも体験版を即日配信予定。衝撃を受けてすぐに体験できるというのも素晴らしい。現時点では来ていないですが。

 

『スペースチャンネル 5 VR』『みんなのGOLF VR』らVRゲームの発表も良かった。そして『Déraciné(デラシネ)』が11月8日に決定。VRファンとしては一安心。

 

発売日が続々と発表されたのも嬉しい限りで、2019年3月までがギュウギュウになってきました。日本での詳細発表がなかった『Fallout 76』が11月15日発売決定したのも安心しました。

ゾクゾクシステムはイマイチ

参加者の中からランダムに抽出された50人の興奮度を可視化するシステムというのをやっていましたが、これは良くなかった。これを表示するために肝心のゲーム画面が小さくなりすぎて、『Ghost of Tsushima』ですらパッとしないグラフィックに見えた。他のゲームも本当はもっと良いグラフィックなのだと思います。
基本的にゲーム画面を見ているので、ゾクゾクシステムの反応に驚いたりすることもありませんでした。

f:id:Hamasukei:20180910202329j:plain

PS4の価格改定はなし

ソフトは遊びきれないほど発売されて取捨選択が大変ですが、PS4の価格改定はありませんでした。PS3の同時期と比べてかなり落ちていますので、国内のハード普及に関しては難しい現実もあります。

PS3 PS4
2011年8月15日~ 29,666台
8/18 23,790円(税抜)に価格改定
2018年8月13日~ 25,843台
2011年8月22日~ 33,141台 2018年8月20日~ 22,838台
2011年8月29日~ 33,831台 2018年8月27日~ 16,591台
2011年9月05日~ 64,786台
9/8 テイルズ オブ エクシリア
2018年9月3日~
9/7 スパイダーマン
2011年9月12日~ 36,061台 2018年9月10日~
9/10 PlayStation LineUp Tour

GOOD !

総合的に満足度が高かった。アンドリュー・ハウス氏が言っていた「以前よりも顧客を即座に満足させるアプローチに重きが置かれている時代」「Appleの発表と同時に『今すぐ購入可』にするアプローチ」が表れていた印象。やっぱりゲームで遊びたい人としては、半年以内のゲーム発売日が次々と発表されるのは嬉しい。いつ出るかわからないゲームの発表よりも、近いうちに遊べるゲーム。特に『JUDGE EYES:死神の遺言』は象徴的でした。今後も発表から半年以内の発売が当たり前になってくると良いです。


今は新作発表に飢えていない状態であり、2018年度内にソフトが発売され過ぎなことがむしろ問題で、かなりの数の気になっているゲームをスルーする必要がありそうです。既に発売されているソフトとこれから発売されるソフト、ここまでゲームソフトが充実しているのは、過去になかったかもしれない。