VRボクシング『Creed: Rise to Glory (北米版)』3試合でバテるハードさ

f:id:Hamasukei:20180925140123j:plain

2018年9月25日にリリースされたVRボクシング『Creed: Rise to Glory』をプレイしました。

 

$29.99 / 日本語未対応 / Move2本持ち専用

基本操作

Move2本持ちのゲームです。Moveを持ってパンチ。ストレート、ジャブ、フック、アッパーの打ち分けは自分のパンチ次第。

 

実際のボクシングのように両手を顔の前に持ってきてガード。上半身を動かしてパンチを避ける。

 

×で左右の視点切替ですが、試合ではほとんど使わない。ジム内の移動で使います。

f:id:Hamasukei:20180925155007j:plain

 

両手のMを押しながらランニングするように腕を振ると前進。試合中は前後移動は不要ですが、ダウンした時に意識が遠のくのでダッシュで体に戻るシステム。

 

ダウンしそうになると、体から離れたグローブを実体のグローブに重ねるアクション。

f:id:Hamasukei:20180925154906j:plain

 

ダメージが蓄積すると、グローブの同期がズレるアイデアが面白い。体が思うように動かない感じがよく出ている。

ゲームモード
  • CAREER
  • FREPLAY
  • PVP

ゲームモードは3つ。

 

CAREERはストーリーモード。基本的には、ジムでトレーニング→試合→……を繰り返すシンプルな構造。試合数も7試合くらいなので1時間くらいでクリアできます。
イベントバトルみたいな試合もあり、そこだけは映画的な演出になる。
シングルプレイならCAREERがメインモード。短いですが、高難易度でクリアするのは難しそう。

 

FREEPLAYは試合やトレーニングを自由に行えるモード。ロッキーとも対戦可能。

f:id:Hamasukei:20180925154024j:plain

 

PVPはプレイヤーvsプレイヤー。「QUICK MATCH」と「FRIENDS」があります。
PVPが盛り上がるかどうかで長く遊べるかどうかの分かれ目になりそう。

映画『クリード チャンプを継ぐ男』

このゲームは『クリード チャンプを継ぐ男』を元にしたVRゲームのようで、シルベスター・スタローンも登場し、VRでミット打ちをしてもらえて感激です。

f:id:Hamasukei:20180925142419j:plain

 

有名なロッキーのテーマも流れてテンションを上げてくれる。

ボクシングらしさがある

あまりボタンを使わずに腕と上半身の動きでプレイする直感的なボクシングゲーム。『Knockout League』はコミカルな敵を相手に、ゲーム的なクセを見極めて対応する感じでしたが、『Creed: Rise to Glory』は、ガードを固めて的確にパンチを打ち、リアルなボクシングをしている感覚にも近い。敵のわかりやすい大振りなパンチもあったり、フットワークが使えないのでシミュレーターってほどではまったくないですが。ボクシングっぽさはある。
PVPは未プレイですが、対人戦ならよりリアルなボクシングっぽくなるかもしれない。

 

特別なK.O.シーンはゲームっぽくスローになり、弱点が表示されるので打ちまくる。ゲーム的な爽快感を出す演出ですが、これは無い方が良かったように思う。地味でもリアルなパンチでK.O.したい。真面目にボクシングしていても、ここだけ北斗百裂拳みたいになる。

f:id:Hamasukei:20180925141011j:plain

 

実際にデンプシーロールのような動きでパンチを避け、敵の隙を狙って打ちまくる。リアル寄りなボクシングなので、疲労も激しいです。3試合で汗ダラダラになってバテた。ダイエット向きなソフトですが、過酷過ぎて続かないかもしれない。

グラフィックはやや粗い

ボクサーのモデリングは迫力があって良いですが、この開発会社はPSVR向けの最適化が完璧とは言えず、AAがあまり効いていなくてジャギやチラチラするところが目立ちます。とはいえ、ゲームプレイにおいて不満や不便を感じるほどではない。

f:id:Hamasukei:20180925140508j:plain

今のところ最高のボクシングゲーム

Creed: Rise to Glory VR (輸入版:北米) - PS4

Creed: Rise to Glory VR (輸入版:北米) - PS4

 

サンドバックやパンチングボールを打つ時の手応えも良くて、パンチの楽しさが感じられる。音が効果的ですね。

f:id:Hamasukei:20180925142940j:plain

 

シングルプレイで遊ぶにはCAREERが短く、モードが不足しています。PVPが楽しめれば長く遊べそうですが、$29.99のVRゲームなりのボリューム。

 

「こういうボクシングゲームを待っていた」という形に近くて満足。PS3のMoveで一番好きだったのが『スポーツチャンピオン 2』のボクシングでしたので、そのプレイ感覚に近いところもあって好みです。ゲームの腕前だけではなく、リアルなボクシングのセンスやスタミナが求められるのが面白い。