PS2 GamesではなかったPS4移植版の『エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー』

『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』の早期購入特典であるPS4移植版の『エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー』は、PS2 Gamesではなかったようです。

PS2 Gamesとは

エミュレーターを使ってPS2のゲームをPS4で起動させているもの。「PS2 Games」という総称は北米Storeで使用されており、「Classics(日本でいうゲームアーカイブス)」とは別物として分けられている。北米PSブログなどでは、古いゲームは一括してClassicsと記載されていることもあります。


Classics(ゲームアーカイブス)との違いは、

  • 1080pにアップレンダリング
  • フレームレートの向上
  • ロード時間の短縮
  • トロフィー対応
  • SHARE対応
  • リモートプレイ対応
  • セカンドスクリーンで説明書が読める

フレームレートとロード時間に関しては、ゲームによっては差が見られないものもあるかと思います。

 

日本で発売済のPS2 Gamesは、

2017.03.31 スターオーシャン3 Till the End of Time ディレクターズカット 3,024円
2017.09.14 ジャック×ダクスター 旧世界の遺産 972円
2017.12.06 ジャック×ダクスター2 972円
2017.12.21 Jak 3 (英語版) 1,620円
2018.03.15 Jak X: Combat Racing (英語版) 1,620円

AC5はPS2 Gamesではなかった

河野一聡氏がTwitterで、

とツイートしており、リマスター版ではなくオリジナル移植版と言い分けるくらいだからPS2 Gamesのことだと思っていました。

しかし、起動した瞬間に違うとわかりました。PS2 Gamesのゲームは起動すると操作説明が出てからPS2のロゴが表示されます。中身はそのままPS2のゲームだからロゴもそのまま。さらに言うと「メモリーカードをチェックしています」などもそのまま表示される。

PS4移植版の『エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー』には、このような表示はありません。

操作がPS4向けに調整

操作面においても、PS2 Gamesは共通してタッチパッド左がSELECT、タッチパッド右がSTART。AC5はPS4向けに調整されていて、タッチパッドがマップ、OPTIONSがポーズメニューになっています。これはAC7と同じ操作であり、AC5とAC7を交互にプレイしても操作面での混乱はない。
L1/R1とL2/R2の操作も、PS4向けに変更されており、AC7と同じになっている。ボタンもオリジナル版ではマップ切り替えのはずでしたが、PS4版ではAC7と同じでミサイルと特殊兵装の切り替えです。

しかし、ゲーム内表示が「START」ボタンになっていたりして(実際に押すのはOPTIONS)、そこはベタ移植らしさというかPS2 Gamesっぽさを感じる。
当然ながらチュートリアルに表示されるのもPS2のコントローラー。
チュートリアルではオリジナル版のまま説明されるので、R1とR2が逆になる。

 

ちなみに、Twitterでの複数の投稿によると、Thrustmaster T.Flight Hotas 4 エースコンバット7 エディションには対応していないようです。

容量が17.63GB

リマスター版ではなくオリジナル移植版だとは言っていますが、PS4移植版のAC5は容量が17.63GBです。これはPS4のゲームとして平均的と言える容量。
ちなみにPS2 Gamesの『スターオーシャン3 DC』は8.45GB。これのPS2版はDVD2枚組でしたので、PS2版とPS2 Games(PS4)は大きな差がないんじゃないかと思います。
AC5が、ここまで大容量になっている点もPS2 Gamesとは大きく違う。

グラフィックはPS2 Gamesと近くてシャープ

容量は大きいですが、あくまで移植版という事でグラフィックはPS2 Gamesと近い印象があり、1080pにアップレンダリングされているのではないかと思います。
プリレンダムービーはボヤッとした感じが残りますが、文字の表示はシャープ。

プレイアブルな部分はシャープさがありますが、ベタ移植なので素材そのものは手入れされていないはず。

文字の表示は2パターンあり、明らかに引き伸ばされただけのものとシャープに表示されているものがあります。テキストとして認識できるものと、画像みたいに認識されちゃっているものの違いですかね。


AC5はPS2版の時から16:9に対応しているので、これを1080pにアップレンダリングしただけで、リマスター版のような感覚でプレイできるのは強み。
PS2 Gamesは多くが4:3であり、アップレンダリングしても画面表示の古さは隠せない。それでもコンポジットケーブル時代の640x480の画面表示と比べれば、圧倒的にシャープですけどね。

 

河野一聡氏がリマスター版は無理でオリジナル移植版はできたと言うくらいですから、そこには明確な線引きがあるのでしょうけど、グラフィックの印象はリマスター版という感じですし、『エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー REMASTERED』というタイトルでも違和感を覚えないほど。

 

Twitterでも実際にプレイした人はグラフィックのシャープさに驚いている声が見られます。移植版と強調されていただけに、過剰な期待がなかった分、素直に驚けている部分もありそうです。

エースコンバット5 - Twitter Search

SHAREとトロフィーに対応

これはPS2 Gamesでも同じですが、AC5もSHAREとトロフィーに対応しています。

 

SHAREは、スクリーンショットを保存したり、ツイートしたり、動画配信も可能です。PS2時代のゲーム動画配信はグレーな部分もあるのですが、こうしてPS4移植版がSHARE対応した事により、気兼ねなくAC5が配信できるようになった。

 

トロフィーにも対応しています。
PSN Trophy Leaders | ACE COMBAT™ SQUADRON LEADER
ここは不安点でもあった。『シュタインズ・ゲート ゼロ』の初回特典であったPS4『シュタインズ・ゲート HD』はトロフィー未対応でした。『エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー』は今のところ個別販売が予定されていないので、こういうタイトルはトロフィーに対応しない可能性もあると思っていました。

AC5の個別販売が今のところ予定されていないというのは、デラックスエディションの注意書きに「『エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー』『ミュージックプレイヤーモード』を除く各特典は、後日、有料配信を予定しています」と書いてあったため。

セカンドスクリーン説明書には未対応

PS2 Gamesが対応しているセカンドスクリーン説明書ですが、AC5は未対応でした。
この仕様も、PS2 Gamesとは別物だということを表していると思います。

豪華すぎる特典

予想していたPS2 Gamesではなくて、それ以上のものだった。でもベタっぽさも残っているので、AC5はPS2 Games Plusといった印象。
個人的にとても嬉しいのが、タッチパッドとOPTIONSの操作がPS2 Gamesと同じ仕様ではなく、AC7と同じだったこと。交互に遊んでも混乱しない操作設定になっていて良かったです。この1点が違うだけで、遊びにくさを生んでしまうと思います。
AC5はAC7と基本操作が同じなので、プレイしていて操作に大きな差を感じにくいのも魅力。リマスター版のゲームを今プレイすると、操作設定やシステムの古さを感じやすいのですが、エースコンバット5→7はその差が小さいですね。
移植版の操作方法がAC7と同じように調整されており、時系列ではAC5の約10年後がAC7の舞台という事で、まずはAC5からプレイし、その操作に慣れたままAC7に入れるのが素晴らしい。私のように、あまりエースコンバットに馴染みがない人でも、今回の5→7が入口になる。Twitterでも『7』はシリーズの中でも特に難しいらしく、先に『5』をプレイするのをオススメしている人がチラホラ見られます。

リマスター版と移植版の言葉分けは、プレイする側としてはあまり意味を感じないとも思った。作り手側には明確な線引きがありそうですが。AC5は感覚的にリマスター版をやっている感覚ですし、多くのリマスター版ゲームも移植版と言えば移植版の感覚があります。河野一聡氏がリマスター版・移植版と言葉を分けていた事を知らない人が、このAC5をプレイしたら、10人中10人が「リマスター版」と言いそうです。HDに対応して画質がシャープになり、SHAREとトロフィーに対応、AC7と違和感がないように操作ボタンを調整、これでリマスター版と呼べない理由を探す方が難しい。

 

なんにせよ、グラフィックがシャープになり、SHAREやトロフィーに対応した『エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー』が早期購入特典として貰えるのは豪華すぎる。
最近のゲームはセールになるのが早いので、安くなるのを待つ人も多いと思います。だから早期特典を超豪華にする事で、早期購入の利点を強めると。PS Storeでの早期購入のリミットは2019年2月18日。

 

ちなみに5が特典として選ばれたのは、河野一聡氏がTwitterで行ったアンケート結果が影響したのではないかと思います。4,344票も集まった中で、頭ひとつ抜けて高い支持でしたので納得。

オリジナル版がPS2である『ゼロ』や『04』も同じようにPS4に移植されるかも気になります。