DMM.comアプリのPSVR版がHQ版動画に対応


DMM.comアプリのPSVR版がバージョン3.06でHQ版動画に対応しました。

HQ版動画とは

HQはハイクオリティの略です。通常版よりも高品質の動画が視聴できます。ポイントは2つ。

  • 60fpsによる配信
    フレームレートが通常版は30fpsなのですが、HQ版は60fps。
  • 独自の技術によりブロックノイズの軽減
    通常版に比べて細部のノイズが軽減するとのこと。
フレームレートの差が大きい

パッと見比べて全然違うと感じるのはフレームレート。通常版(30fps)は人が動くとブレて見にくくなりましたが、60fpsになってなめらか。映像っぽさが大幅になくなり、現実で生身の人間が動いているのを見る感覚に近くなる。VR動画での30fps→60fpsの変化は劇的で、戻れなくなるレベル。

非VRのゲームよりもフレームレートの差が大きいと感じるのは、ゲームはあくまで映像として見ていて、24fpsや30fpsの映像っぽい映像は馴染んでいる。VRは仮想現実の言葉通り、現実を見ているような感覚でも見るから、30fpsの映像っぽさは大きな違和感になる。

アダルトVR市場が予想以上の成長

今回のHQ版対応は、アダルト市場において大きな影響を与えると思います。

 

DMM(FANZA含む)のVR動画は1年目が20億円の売上で、2年目が40億円。アダルト動画ランキングを見ても約半数がVR動画という事で、まだまだ成長段階でありながらVR動画が定着しているという驚き。この勢いだとVR動画が主流になりそうなほど。
PSVRのゲームがどうなるかはわかりませんが、アダルト市場でここまで占有率を高めているとなると、VR自体はもう定着するものだと思います。VHSビデオやインターネットもそうですが、アダルト市場での成功は非常に強い。

デバイスでは「スマートフォン、それからPlayStation VRが多いです」という。スマートフォンと並んでVR市場を牽引できているようです。とにかくデバイスが普及しない事にはゲームも盛り上がっていかないので、アダルト動画の力でPSVRが普及していくのもゲームファンとしては有難い。

2月14日 ハナビ HANA type B

DMM.comアプリとは無関係ですが、2月14日に長編VRドラマ『ハナビ HANA type B』(2,700円)がPSVRで配信されます。

 

「8Kで制作された超高画質のVR」という事で、どこまでの映像を見せてくれるのか非常に気になる。PSVRの解像度は1920×RGB×1080(左右の目それぞれに960×RGB×1080の映像を表示)ですが、既にアダルト動画で結果を出している4K制作に大きな意味がありました。それが8Kで、しかもPSVRで配信されるとなると最適化もされているでしょうし、大きな期待がある。


非アダルトのVR動画とゲームも頑張ってほしいです。