北米Storeセールで買ったゲーム『Chariot(チャリオット)』

北米StoreのHoliday Sale Week 3で『Chariot(チャリオット)』を買いました。通常価格は$14.99ですが、PlayStation Plus価格で$8.99。

このゲームを買った理由は2つ、まず見た目がPS4にはあまりないカワイイゲーム。そしてトロフィーは日本語化されていたようなので、ゲーム内言語がどうなっているか気になったというところ。

完全日本語化
ゲーム内言語、トロフィーともに完全日本語化されていました。
おそらくこのままの状態で日本でリリースされるのではないかと思います。

141223_chariot_001

ストーリー
王様の棺を墓におさめようとするが、墓室が気に入らない王様が幽霊になって現れ、もっと良い墓室へと運ばせるという物語。

141223_chariot_006

チャリオットアクションが珠玉の出来
棺の入ったチャリオットを運ぶゲームなので、主人公はゴールまでひたすらチャリオットを運びます。押すかロープで引っ張る。このチャリオットを運ぶアクションが珠玉の出来。物理演算で動いているので、コミカルなゲームながらも物を動かすという動作はリアル。操作感も心地よくて面白い。

141223_chariot_002

基本的なゲーム進行
ステージをクリアしていくタイプのパズルアクションゲーム。
チャリオットをゴールまで運べばクリア。
道中では以下の要素がある。
・鉱石(金)の回収。鉱石(金)はショップでアイテムを作成したりアップグレードに使う。
・ステージに3つあるシャレコウベ(収集品)の回収。
・設計図の回収。設計図があるとショップでアイテムを作成できる。
・盗っ人の対応。盗っ人は集めた鉱石(金)を盗む。

141223_chariot_004

死は無い
カワイイゲームでキャラクターの死はありません。敵としてはゴールドを盗む盗っ人がおり、剣で追い払う事ができます。ゴールドを盗むだけで命を奪われる事はない。

チャリオットから離れすぎて数秒経つとゲームオーバーになり、すぐ直前のチェックポイントからリトライします。パズルで詰んだ場合、○ボタン長押しで直前のチェックポイントからリトライします。

141223_chariot_003

けっこう難しい
序盤こそヌルいですが、途中からけっこう難しくなります。パズル的な仕掛けもあり、それでいて物理演算で動くチャリオットを上手くコントロールして進む必要がある。見た目はカワイイのですが、ライトゲーマーには厳しいんじゃないかと思う。打開できた時の達成感はある。

141223_chariot_005

あと一味ほしい
良質パズルアクションゲームと言えるとは思う。チャリオットアクションの操作感は素晴らしい。しかしながら中毒性を持つには、もう一味足りない感じだ。基本的にはゴールを目指すだけで同じ事の繰り返しのようになる。ゲームにおいて同じ事の繰り返し自体はまったく悪い事ではない。同じ事を繰り返し遊ぶことに中毒性があれば、それは絶品のゲームになりますが、そこまでは至ってない印象。チャリオットアクションの出来が良いだけに、それをもっと生かす味付けが欲しいと思った。シンプルにまとまりすぎか。

メタスコアは76点。

141223_chariot_007

2人同時プレイ可能
2人同時プレイ可能です。もしかしたらこれが「あと一味」になるかもしれません。Youtubeに2人プレイしている動画がありました。最初は1人ですが17:38から2人プレイになっています。この動画も面白しですし、ゲーム実況プレイを2人でワイワイやれば盛り上がりそう。



冒頭15分プレイ動画
PS4のSHAREから直接Youtubeにアップするのが便利なので、また使いました。ゲーム開始から15分のプレイ動画です。3ステージプレイしているので雰囲気はわかると思います。



古き良きアクションゲームという感じ。王道アクションではなく海腹川背のようなポジションか。「最近のゲームは~」と大作だけを見て語られる事もありますが、こういうクラシックなアクションも新作が続々出ているわけです。本当にゲームに恵まれた時代だと思う。

PS4の北米タイトルで遊ぼう