iOS13がデュアルショック4に正式対応へ


WWDC2019にてiOS13の機能が発表され、その中で「PS4コントローラーサポート」の記載がありました。

 

【2019.09.20追記】iOS13正式対応後↓

 

アップルの公式サイト(英語)で「PlayStation 4 controller support Use your PlayStation 4 game controller with iPhone」と確認できます。

対応機種と提供時期

iOS13の対応機種はiPhone 6s以降、iPad Air 2以降、iPad Pro、iPad 5世代以降、iPad mini 4以降とのこと。ですのでiPhone 6には未対応となります。

 

iOS13の提供は秋頃(9月~)。

Apple Arcade

アップルの狙いはApple Arcadeの促進かと思います。私もApple Arcadeには興味なかったですが、慣れたデュアルショック4で操作できるなら少し興味が出てきた。
ただ、アプリ側がボタンの表記までは対応しきれないと思いますので、使いづらいかもしれない。そこまで対応できていたらスゴイ。

iPhoneでのリモートプレイがデュアルショック4で遊べる

システムソフトウェア6.50でiOSのリモートプレイに対応したPS4。その最大の問題点がデュアルショック4に未対応ということでした。

この記事の中で「コントローラーの問題が解決すれば素晴らしい」と書いていましたが、それが9~11月に実現しそうです。
これ以外でもブログで「こうなればいいなぁ」と書いたことが実現していくパターンは多い印象。提示したものをしっかり仕上げていく体制があるのかなと思う。打ち切られるパターンもありますけどね。ゲームアーカイブスとPS2 Gamesの展開は気にしている。

 

プレイステーション公式Twitterも反応していて、「続報をお楽しみに」とのこと。PlayStation NowのiPhone展開も可能性が出てきました。

 

iPhone 6s以降ならVITAよりも高解像度ですし、デュアルショック4に対応するとなるとL2/R2/L3/R3の操作の問題も一切なくなる。さらに5Gで通信環境も良くなればリモートプレイの快適さがアップするかと思います。リモートプレイ2.0に突入するような進化。対応端末の普及台数も多いですし、リモートプレイを使うユーザーが大幅に増えればサービスも周辺機器も充実していきそうです。
先の経営方針説明会で、「イマーシブ(没入感)」と「シームレス(いつでも、どこでも切れ目なく)」を掲げていましたが、このリモートプレイのレベルアップは、それに関する答えの1つでもあるんじゃないですかね。この流れなら次世代PlayStationもiPhoneでリモートプレイができそう。