『RAGE 2』プラチナトロフィー攻略


2019年6月6日にリリースされた『RAGE 2』のプラチナトロフィー攻略。

 

難易度は不問ですのでイージーでも良いです。
クリア後にトロフィー回収が可能です。

  1. メインストーリーをクリア
  2. マタ・ハリの流儀(スパイドローンを30機破壊する)を目指しながら各トロフィーを回収

一番大変なのは「スパイドローンを30機破壊する」です。出現がランダムですので、結局はほぼ全てのロケーションを探すことになります。見逃しをしてしまうとさらに大変。早めにプロジェクト→捜索&回収→スパイドローン追跡(ティア3)を習得して、序盤から効率良く回収していきましょう。プロジェクト→捜索&回収→埋まったフェルトライト追跡(ティア2)は邪魔になるので習得しないほうが良いです。 >>詳細

 

プロジェクト→捜索&回収は便利ですので、最初からゲームをプレイする場合、メインストーリーはクヴァシルのミッションを優先するのが良いです。

残すと回収が難しくなるかもしれないトロフィー

下記4つは最初から頭に入れておきましょう。

  • クラッシュ・ザ・クラッシャー(フェニックスでアバドン・ミュータント・クラッシャーを倒す)は、狙える位置が限られています。フェニックスで倒さなかった時に再挑戦できるかは不明。ワイルド(マップ北地域)にいるD&D(ディグ&ダグ)はフェニックスで倒すというのを覚えておきましょう。 >>詳細
  • 疾風迅雷(ジップラインを使用中に敵を13体倒す)は、やりやすい場所が限られるので早めに達成しておきたい。盗賊のアジトなどの戦闘ミッションで、ジップラインがある場所ならどこでも狙えます。そういうミッションを全完了した後だと面倒になる。 >>詳細

  • 止められない止まらない(バルーンを17個割る)は、バルーンの出現がランダムなので最後に残すと回収が面倒。序盤から意識して上空のバルーンを探す必要がある。 >>詳細
  • 首狩り人(ウィングスティックを使用して合計100体の敵にヘッドショットを決める)も序盤から意識していないと少しだけ面倒。ウィングスティックでヘッドショットを狙うだけですが、トロフィー獲得率が2.7%であり、全体で4番目の低獲得率となっている。
ミッションの仕様

盗賊のアジトなどのミッション中、最新のオートセーブをロードするとミッションは最初からになって敵も復活しますが、敵のキル数などは引き継いだままです。これを利用して楽に獲得できるトロフィーがあります。

その他トロフィー

マタ・ハリの流儀(スパイドローンを30機破壊する)を狙いながら、その他のトロフィーも回収していきます。

武器とガジェット
  • 効率の鬼(アサルトライフルを使用してリロードせずに連続で敵を5体倒す)

  • 全弾発射(アサルトライフルを使用して16秒以内に弾丸を70発発射する)

  • スキート射撃(ショットガンのスラグ弾を空中の敵に当てる)

  • ハイパー・エクスプレス(ハイパーキャノンを使用して1発で2体の敵を倒す)
    ハイパーキャノンはワイルド(マップ北地域)の北にあるアークで入手可能。

  • ポストモダン時代のピカソ(ロケットランチャーを使用して合計200体の敵を爆破する)

  • 首狩り人(ウィングスティックを使用して合計100体の敵にヘッドショットを決める)

  • 爆発的なトドメ(タレットドローンの爆発で敵を1体倒す)
    タレットドローンをLv.5にする必要があります。ラグーニー、オアシス、ドレッドウッド、車で移動している商人から設計図を購入可能。
    敵の近くにタレットドローンを投げて、それを自分で撃って爆発させて敵を倒す。ミッション中に狙って、失敗したら最新のオートセーブをロードすれば無駄なく行える。

ナノトライトアクティビティ
  • これがRAGEだ(ダッシュ攻撃のキックを使用して敵を10体倒す)
    ナノトライト→ダッシュのダッシュ攻撃を習得する。
    L1のダッシュで敵に近づきR3を押すとキックが出ます。
    L3のダッシュでもキックは出せますがノーカン。L1ダッシュでやりましょう。

  • スラムの時間!(スラムを使用して敵を50体叩きつぶす)

  • 偽りの死(ディフィブリレータでライフをフル回復後、10秒以内に敵を3体倒す)
    ナノトライト→ディフィブリケータの再ショック1と再ショック2を習得。ティアも5/5まで解放する。
    敵が3体以上いる時にわざと死んで4回の電気ショックを全て成功させフル回復し、10秒以内に敵を3体倒す。
    ミッション中に狙って失敗した場合、最新のオートセーブをロードすればリトライ可能。

その他戦闘系
  • 疾風迅雷(ジップラインを使用中に敵を13体倒す)
    トーン・プレーンズ(マップ中央北地域)にあるスティルタウン(盗賊のアジト)やスティング・キャニオンズ(マップ南地域)にあるハードトップ(盗賊のアジト)などで、敵を倒さずにジップラインの上まで登り、下に見える敵にスマート・ロケットランチャーを撃ってすぐジップラインにつかまる。ジップラインを下っている途中にロケットランチャーがヒットしてキル数にカウントされる。地上に下りたら最新のオートセーブをロード。オートセーブの時間は変わっていませんがキルカウントは維持されつつ、ミッションは最初からなので何度でも稼げる。
    ジップラインのあるミッションは10ヵ所以上ありますので、上記以外の場所でも達成可能。ただ、全ミッション消化後は難しくなる。

  • あの巨体は格好の的(アバドン・ミュータント・クラッシャーを7体倒す)
    クラッシャーの巣を攻略していけば良いです。

  • ホットなお返し(敵のグレネードを跳ね返す)
    プロジェクト→キル&破壊→グレネード・テニスを習得後、R3で跳ね返す。

  • グーンをデリート(グーンを1337体倒す)
    統計からグーン・スカッドのキル数が確認できましが、カウントが少しおかしいです。私は1441体目でトロフィーが獲得できました。

  • 隠れんぼ(ステルス状態のシュラウドを1体倒す)
    シュラウドは戦闘中たまに消えます。その瞬間を狙ってスマート・ロケットランチャーなどで倒す。1対1で近距離~中距離で睨み合って粘っていれば消えてくれますが、すぐ元に戻るのでチャンスは一瞬。

  • 我が敵の敵(敵を殺そうとしている敵を倒す)

  • 止められない止まらない(バルーンを17個割る)
    上空に出現するバルーンを累計17個撃つ。箱の回収は不要。
    バルーンの出現はランダムです。ある程度の出現場所は決まっているようで、デューン・シー(マップ南西地域)でよく見かけました。
    視野を最大にしていると探しやすい。近くに出現している時はマップにもアイコンが表示される。車両で走行中に後方が気になる時はマップで見たほうが早いかもしれない。
    ゲーム開始時から意識して消化していったほうが良いです。

  • マタ・ハリの流儀(スパイドローンを30機破壊する)
    これが最も獲得率の低いトロフィー(2.0%)です。出現がランダムなので、ほぼ全てのロケーションをしらみつぶしに探す。
    セミのように隠れて張り付いているスパイドローンを見つけて倒す。見つけると逃げるので飛んでいるところを銃撃。ミッション中に逃げられたら、最新のオートセーブをロードしたほうが良いです。敏感に反応するので、戦闘中でも気付かないうちに飛んで逃げることもあります。飛行物体には注意しましょう。
    プロジェクト→捜索&回収→スパイドローン追跡を習得していれば、インジケーターが反応します。宝箱とデータを回収したのにインジケーターが反応していればスパイドローンがいるとわかる。埋まったフェルトライト追跡(ティア2)は邪魔になるので習得しないほうが良いです。
    もうひとつ重要なのは音。スパイドローンに近づくと特徴的な音が聞こえますので覚えましょう。
    ミッション中に最新のオートセーブをロードしてスパイドローン破壊数は稼げますが、それで30機に到達しても無効でした。最終的に破壊数46機、入手した情報27でトロフィーが獲得できました。
    Youtubeに参考動画がありますが、出現するロケーションはランダムなので同じようにできるわけではありません。この動画と同じ40ヵ所を探して10~20機撃破できれば良いかと思います。

マシン
  • メガサイズの大量破壊(フェニックスを運転中にマシンを128台破壊する)
    コンボイが連れているマシンを狙えば良いです。プロジェクト→制圧&支配→コンボイ発見装置を習得していれば、コンボイの位置がマップに表示されます。マーカーで追えるので楽。
    OPTIONS→統計→ドライビングでフェニックスによるマシンキル数が確認できます。マシンキル数にバイカーは含まれません。
    カウントが少しおかしくて、私は130台でトロフィー獲得できました。

  • さよならコンボイ(コンボイリーダーを1台破壊する)
    ブラスト(長押し)をアンロックしてコンボイの弱点を露出させるのが基本。

  • クラッシュ・ザ・クラッシャー(フェニックスでアバドン・ミュータント・クラッシャーを倒す)
    ワイルド(マップ北地域)にあるウェットヒューズ(ピット・ストップ)にフェニックスで向かう。ドレッドウッド(交易所)から南西です。


    フェニックスでウェットヒューズから南の細い山道を下り、最初のY字を右に進んで大木の橋を渡る。そこからパイプトンネルを通過して、また大木の橋を渡るとアバドン・ミュータント・クラッシャーのダグとディグがいるエリアに出られます。フェニックスに乗ったまま1体倒せばトロフィー獲得。

  • 限界に挑戦(ラプターで最高速度を10秒間維持する)
    制圧&支配がLv.10になるとラプターをアンロック。
    トーン・プレーンズ(マップ中央北地域)にあるチャズカー・ダービーから西に位置する道を使用。
    ブーストは最初に全消費した後、1/5くらい溜まった程度で繰り返し使用しました。

  • 9000以上だ(走行距離9000メートル以上を達成する)

  • ハングタイム(地上マシンで100メートル以上ジャンプする)

  • アシッド・ハウス(トーン・プレーンズのレースを3:03未満でクリアする)
    トーン・プレーンズ(マップ中央北地域)にあるチャズカー・ダービーにはメインストーリーで訪れます。
    3:03というタイム設定は丁度良く、中級者レベルでほぼノーミスのドライビングが求められる。

  • バランス崩し(フェニックスの「回避」でバイカーを19人落車させる)
    コンボイが連れているバイカーを狙えば良いです。左スティックを左or右に倒してで体当たり。
    OPTIONS→統計→ドライビングでバイクから落としたバイカーの数が確認できます。

  • ドーザー(ダンパー・トラックで敵を1体すくい上げる)
    ダンパー・トラックはブロークン・トラスト(マップ中央南地域)の西あたりに位置するブリッジ・ブロック(道路封鎖)で入手できる。壁の西側南ある黄色いブルドーザー。
    最初に敵を倒し、ブルドーザーのショベルをL1で下げてから死体に対して正面から突っ込んでショベルに乗せる。その状態からL1でショベルを上げる。トロフィー獲得判定がされない時は、前進しながらショベルを上げ下げしてショベルの奥に死体が入るようにする。

  • グーンの火力(グーン戦車「ブーマ」でグーンを1体吹き飛ばす)
    グーン戦車「ブーマ」はトーン・プレーンズ(マップ中央北地域)の中央あたりに位置するヴァンダル・ヴィラ(盗賊のアジト)で入手できる。南の山際、デカいので目立ちます。
    L1のニュークキャノンでグーンを倒すだけ。ヴァンダル・ヴィラのすぐ北でドンパチやっているところにグーンがいるかと思います。

ロケーション
  • 錆びた巨人のはらわた(デューン・シーのエコポッドに侵入する)
    デューン・シーはマップ南西地域。
    場所は画像参照。オアシス(交易所)の南東です。
    適当な隙間から中に入ればトロフィー獲得。

  • 孤独な見張り番(ブロークン・トラクトの高い場所にあるエコポッドを訪れる)
    ブロークン・トラクトはマップ中央南地域。
    MBTVから北西にユーマン農場があり、ユーマン農場から北東の山道を登って行く。

  • 沈んだ希望(湿地帯のエコポッドを訪れる)
    セクレト湿地はマップ西地域。
    ラグーニー(交易所)から道を挟んで北です。マップを見なくてもラグーニーにファストトラベルをして北を見れば、大きなエコポッドが見えるのですぐわかる。

  • 過去へと続く橋(ワイルドのエコポッドへと続く橋を渡る)
    ワイルドはマップ北地域。
    ドレッドウッド(交易所)からは真南に位置するが、少し距離は離れている。

  • ウェイストランドの流れ者(交易連合の全居住地を訪れる)
    ガンバレル、ウェルスプリング、ラグーニーはメインストーリーで訪れる。
    それ以外だとマップ北のワイルドにドレッドウッド、マップ南西のデューン・シーにオアシスがある。

NORMAL~HARD

プラチナトロフィー獲得率は1.7%ですが、難しいトロフィーはありません。難易度も不問。取り逃す可能性があるかもしれないのはクラッシュ・ザ・クラッシャー(フェニックスでアバドン・ミュータント・クラッシャーを倒す)ですが、他にもやり方があるかもしれない。

 

ウィークリーイベントやチャレンジがあり、8月に大型DLC第一段、秋(9~11月)には大型DLC第二弾もあるので、そこでもトロフィー獲得しやすくなるかもしれない。

 

ゲーム内の統計でプラチナトロフィーまで19時間でした。オープンワールドのゲームにしては短めです。
強化による小さな変化はありますが、ほぼ同じことの繰り返しになってきます。でも操作性が良くて最後までアクションを楽しめました。

 

OPTIONS→統計に表示されるカウントとトロフィー条件の数が合ってないところがあります。バグなのかどうなのかわかりませんが、例えばグーンのキル数が1337体を超えても、そのままキルを続けていれば1441体目でトロフィー獲得できました。
統計のカウントはおかしい気がするので、あまり気にしなくても良いかも。車両でのキルが無効とか、爆発等の巻き込みが無効とかでズレがあるのかもしれない。

 

スポーツ系FPSとして戦闘が面白いんだけど、定価でオススメしにくい薄味なオープンワールドであり、セールならオススメしやすいゲームといったところ。