kickstarterで支援した『シェンムー3』のダウンロード・コードを受け取り


2015年7月18日に締め切られた『シェンムー3』のKickstarterによる資金集め。その4年4ヶ月後の今日、ついにダウンロード・コードを受け取ることができました。

ダウンロード・コードの受け取り方法

Kickstarterからではなく、Fangamerから受け取ります。

  1. 『シェンムー3』のサーベイのサプートや再送ページにアクセスする。
  2. 上記ページの「サーベイを見つからない方は再送できます:」の欄に自分のメールアドレスを入力して送信してもらう。
    当然ながらKickstarterに登録していたメールアドレスです。

  3. 最長5分ほどでFangamer Mailroomから「Your survey for」というメールが届きますので、その中にある「Your survey Page」をクリック。自分のページに飛びます。

  4. バッカー管理(Backer Management)の下に表示されている「ダウンロードの一覧とダウンロード・コード」(英語表記の場合は「Downloads and Download Codes」)をクリック。

  5. 開いたページでコードを表示させる。

    このコードの入力はPS4でPlayStation Storeを開いて、左メニューの下から2番目にある「コード番号の入力」から。

「Activates at 2019-11-19 at 11:00 JST.」と書かれていましたが、実際は11時になっても無効でした。13時以降に有効となりました。

ゲームデータ容量は23.9GBです。

やや静かなスタート

2015年のE3で発表されて大きな話題になりましたが、いざソフト発売を迎えるとSNSなんかでもやや静かな印象を受けています。『デス・ストランディング』『Last Labyrinth』『ポケットモンスター』『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』『十三機兵防衛圏』らの注目ゲームが集まり、さらに欧米ではSTADIAがサービス開始となる11月に話題を集めるのは厳しかったのかと思う。元々の発売予定が8月27日でしたので、その日に発売できていればメディアやSNSでの話題は集めやすかったでしょうから、かなり痛手を負った延期のように思いました。
こういう事情は全てのゲームに当てはまりますが、『シェンムー』は18年ぶりの続編という事で重みが違いますので、売り上げ的に続けられるのかどうかという部分は気になってしまいますね。

 

とは言っても最重要はゲームの出来。プレイして確かめたい。