月の最初の火曜日はPS Nowの定期配信


2019年10月にZ指定対応&価格改定されて新体制となった感のあるPS Now。新規タイトルの追加は月の最初の火曜日で固定されたようです。

 

前回のPS Nowの記事で「基本的には月の最初の火曜日に追加されるようです」と書いていましたが、今月も3月3日(火)にしっかり新規タイトルが追加されました。期間限定タイトルが2本と通常ラインナップが1本というスタイルも毎月固定。

2020年3月3日(火)
  • SHADOW OF THE TOMB RAIDER DEFINITIVE EDITION - 2020年8月31日(月)終了
  • Wolfenstein II: The New Colossus - 終了日未定
  • ATV ドリフト&トリックス
2020年2月4(火)
  • サイコブレイク - 終了日未定
  • LEGO ワールド - 2020年8月4日(火)終了
  • GOD OF WAR III Remastered PlayStation Hits
2020年1月2日(木)
  • アンチャーテッド 古代神の秘宝 PlayStation Hits - 2020年4月6日(月)終了
  • Horizon Zero Dawn Complete Edition PlayStation Hits - 2020年4月6日(月)終了
  • Overcooked 2 - オーバークック2
2019年12月3日(火)
  • PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS2020年3月2日(月)終了済→通常ラインナップに追加
  • ウルフェンシュタイン: ザ オールド ブラッド - 2020年11月30日(月)終了
  • GRAVITY DAZE 2/重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択
2019年11月5日(火)
  • シャドウ・オブ・ウォー2020年2月3日(月)終了済
  • ペルソナ52020年2月3日(月)終了済
  • Hollow Knight

PUBGが通常ラインナップに追加

ちょっと驚きだったのが、2019年12月3日(火)~2020年3月2日(月)までの期間限定配信だったはずのPUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)が、配信終了とならずに通常ラインナップに追加されたこと。こういうパターンもあるんですね。

SHADOW OF THE TOMB RAIDERはDEFINITIVE EDITION

『SHADOW OF THE TOMB RAIDER』ではなく『SHADOW OF THE TOMB RAIDER DEFINITIVE EDITION』とのことです。DLC入りの完全版なら未プレイのユーザーにとっては嬉しいところ。

  • 7つのダウンロードコンテンツ
    1. THE FORGE / 2.THE PILLAR / 3.THE NIGHTMARE / 4. THE PRICE OF SURVIVAL / 5. THE SERPENT'S HEART / 6. THE GRAND CAIMAN / 7. THE PATH HOME
  • 過去配信された全てのコスチューム、武器、スキル

【追記】PS公式ブログでは『SHADOW OF THE TOMB RAIDER DEFINITIVE EDITION』と記載されていますが、実際は無印の『SHADOW OF THE TOMB RAIDER』のようです。

ATV ドリフト&トリックスはVR対応

『ATV ドリフト&トリックス』はTime AttackとHot LapだけVRモードに対応しています。PS NowにはVR対応ゲームが少ないので貴重ですね。
VR対応のオフロードレーシング『ATV Drift & Tricks (北米版)』をプレイ - PS4ちゃんねる Pro

良いけど弱い

2015年9月にPlayStation Nowのβサービスが開始以来、少しずつ着実に成長して良くなっているPS Now。2019年10月のZ指定対応&価格改定以来のソフト提供形式も良くなったと思います。

 

ただ、現実的な問題としてサービスとしての魅力と話題性は弱い。『SHADOW OF THE TOMB RAIDER』と『Wolfenstein II: The New Colossus』、どちらもゴージャスなゲームで評価も悪くないけど、今この2本が持っている影響力は小さいんですよね。『Wolfenstein II: The New Colossus』は過去にセールで1,344円になっていて興味のある人は購入しているだろうし、Twitterでも反応は弱く話題にもなりにくいです。私は『SHADOW OF THE TOMB RAIDER』をスルーしていたので「PS Nowでやろうかな」と思えたりして、それなりの勧誘効果があるのは間違いないですけど、その層は少なく、そこを突っついてもサービスとしては弱いままかなと思う。

 

以前にも書いた、ゲームの旧作の詰め合わせのサブスクリプションサービスは難しいという事。音楽や映画に比べて1本のプレイ時間が長くなりがちなゲームは月額制でのお得感は少ない。大幅なセールが定期的に行われており、100円セールやフリープレイもあるので、欲しいゲームは買っちゃうし、ゲームが溢れている時代でもある。この状況でスルーし続けていたゲームを集めても、あえてそれを時限式の月額制でやりたい人は少ないでしょう。音楽や映画みたいに「~しながら」プレイするのも難しく、向かい合うエネルギーがいるので、本当に遊びたい1本のゲームという力がないと動きにくい。

やっぱりPS2 Gamesが欲しい

セールでもスルーされてきた旧作を詰め合わせても人は集まりにくい。かといって$59.99や9,000円で売れる新作を入れちゃうとメーカーは大損でしょうし、小規模ゲームの新作を入れたところでやっぱり人は集まりにくい。

 

限られた駒の中で、SIEがPS NowのアイコンにしやすいのはPS2 Gameなんじゃないかと思います。もうこれを書くのは4回目くらいでしょうけど。半端な旧作よりも『サイレン』『サルゲッチュ』『ワイルドアームズ』シリーズらのレトロゲームは話題になりやすいですし、PS2 Gameは1080pにレンダリングされていて、SHARE対応、トロフィー対応、フレームレート向上など魅力が大きい。私も実際にプレイしていて良い物だと感じているだけに、未だに日本では5本しかリリースされていないのが悔しくて残念。

  • 2017.03.31 スターオーシャン3 Till the End of Time ディレクターズカット 3,080円
  • 2017.09.14 ジャック×ダクスター 旧世界の遺産 990円
  • 2017.12.06 ジャック×ダクスター2 990円
  • 2017.12.21 Jak 3 (英語版) 1,650円
  • 2018.03.15 Jak X: Combat Racing (英語版) 1,650円

今は日本語版の『サイレン』をPS4でプレイしたいです。北米版をプレイしましたが、1080pでアップレンダリングされていてジャギもなくシャープ。PS2のゲームが美しく現代に蘇る。欲しいのは日本語。ゲーム実況でも人気があるタイトルなので、SHARE対応なのも魅力が大きい。


『FINAL FANTASY VII REMAKE DEMO』をプレイしてタイトル画面だけでも感動できましたが、改めて起動してみると『SIREN』のタイトル画面も良いです。PS4で起動し、デュアルショック4でプレイする『SIREN』。

 

北米でのPS2 Gamesは$9.99/$14.99/$19.99で、多くのゲームは$14.99。日本では『Jak 3 (英語版)』が1,650円なので、『サイレン』らも出るとしたら1,650円くらいになるのかと思います。単品販売と同時にPS Now入りで盛り上げてほしいなと妄想しています。月の頭のPS Now新規タイトル追加で、現状のタイトルに加えてPS2 Gamesが1~2本あれば、話題性もあり魅力が増すんじゃないかと思います。現状もかなり良くなっているんですけど、パンチ力に欠けますからね。新作が難しいから、レトロゲームの魅力を上手く使えれば良いんじゃないかと思います。PS4ではスルーされているゲームアーカイブスもそうですけど。レトロゲームの「思い入れ」は時に新作よりも強いパンチ力があるかと思う。

 

なんにせよ変化し続けるPS Nowを追うのは面白い。「これだ!」という一手で、素晴らしいサービスになる瞬間を味わいたいです。次回のタイトル追加は4月7日(火)になるかと思います。